130408

もちろんとてもいいアーティストだとは思うのだけれども、あこがれの対象ではない

というのと

近くで一緒にワークする立場であったら、できればごめんしたい人だけれども

やっぱりアーティストとして大好き!

というのは、何が違うのかなとこのところずっと考えていたのだけれども


味かな。。。。。

毒の味がするか、しないか

多少ひん曲がってたり、壊れてたりもするのだけれども

それが、色になる


退屈とは全く無縁

毒があるから、華もあるって人


じゃなきゃ、つまらんのよ
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2013-04-08 09:04