タグ:インド舞踊 ( 145 ) タグの人気記事

c0137328_8321472.jpg
c0137328_8331378.jpg


次々次回公演
10月23日「PEACE、LOVE and JASMINE」

バーンスリー×タブラにインド古典ヴォーカル×タブラ
バラタナティヤムにサットリヤにクチプディ
そして3.11以降トークショーはナマステボリウッドでおなじみのすぎたカズトさん(インドのエコ雑誌 新刊J-one発行人)と出演者有志でお届けいたします

公演のチケットご予約はじめました

詳細はこちら

なお、後援のはるばる屋(吉祥寺)、そぼくや(吉祥寺)、サザンスパイス(西荻窪)にてもチケットお求めになれます

今回はいつものジャスミンと趣向を変えて、いろいろと考えているよ

みんなでいろいろ考えたいんだ

インドの芸術のちからを信じてるし

長い間、インドと関わっている私たちが、今お話しできる何かが必ずあると思ってる



トークショーの出演者の中には被災地のボランティア活動の報告をしてくれる人もいると思うし

わたしたちの専門分野から学んだことや日頃考えている事を3.11以降の平和的生き方の一つとして提案できたらよいなぁと思っている

6時45分以降のトークショーはフリーエントランスです

この題名の通りPeaceでLoveでJamineな。。。。公演にしたいなぁと、えっと、この「Jasmine」はいつも恒例で行ってきた「ジャスミンの夜」のジャスミンでもあり「ジャスミン革命」のジャスミンでもあります

意味わかる?


皆が行動しなくちゃだめということ


皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております♪
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-08-28 08:47 | インド舞踊公演情報 | Trackback

c0137328_3593757.gifc0137328_3552352.jpgc0137328_3554717.png


10月23日の公演

『インド古典舞踊と音楽』
+『トークショー』

私たちの得意な分野から
3.11以降の私たちにつながりたい

『PEACE、LOVE and JASMINE』のページができました

これから、だんだん更新していきます

チェックしてみてくださいね♪
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-08-10 04:13 | インド舞踊公演情報 | Trackback

OdissiのReela Hota様のグループによる明日のニューデリーでのプログラム

ご興味の方は以下、ご一読の事

Dear Friends,

Kindly find attached the Invite for my performance at Azad Bhawan Auditorium on the 8th of April, 2011 at 7 PM-8 PM.I will be presenting the following items:

1.Mahakaali:Invocation to the other Goddess(Choreography-Guru Bichitrananda Swain)
2.Manini:Duet dance on the love between Krishna and His eternal consort Radha (Choreography-Late Guru Gangadhar Pradhan)

3.Sthai:All Male Group (Choreography-Guru Pankaj Charan Das)
4.Yoga Mokshya: Special Composition on the Philosophy of Mokshya ( Late Guru Kelucharan Mohapatra)
Duration 1 hour

I will accompanied by 3 Male dancers.

Attached is the E-Invite.Looking forward to your presence at the event.

Warmly,

Reela Hota
Attached:E-Invite
reelahotaodissi.com
www.ancientarts.in

c0137328_10152798.jpg

[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-04-07 10:21 | インド舞踊公演情報 | Trackback

ODAのプログラム@ブバネシュワルがメールされてきました

ご興味の方は以下、ご参照のこと

c0137328_12154168.jpg
c0137328_1216248.jpg
c0137328_12163436.jpg
c0137328_12165174.jpg

[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-03-20 12:18 | インド舞踊公演情報 | Trackback

c0137328_10374390.jpg


昨日は知っているグレースなクチプディダンサー(バラトリプラスンダリ)がカパレシュワラコイルにてパフォーマンスをするというので練習上がりに行きました

そしたら、その次のスロットも知っている人で「是非、観て行って」と言われたのでコイルに残ることにしました

写真はとってもダンサーがとったと思えないがっくしなショットなのですが
いかんせん相当混んでいたのでご容赦を

パフォーマンスしたのはユーチューブなどでもよくみかける「シュリーデビーヌリティヤラヤ」の生徒たち

総勢20名位が踊っていたかな?

この子たちのきれいに入ったアラマンディとか美しいグループプレゼンテーションとか
フレキシブルな身体から繰り出される様々なカラナなどにはいつも「ほぉーつ」と感心する

ここの一番弟子が同じコイルで今度の日曜の5時45分からソロで踊るみたいなので
お暇とご興味のある方は是非どうぞ
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-01-29 10:51 | Trackback

さっきパーソナルクラスの時にマスターに
「ただ力いっぱい踊るのではなく、一つ一つのムーヴメントに威厳をもたせるんだ」
と言われた

この間、私もブログに「威厳のあるコレオグラフ」という事について書いたけれども

そうですよね
踊る方もそれを受けて「動きに威厳を持たせる」

そして、マスターはこんな感じに。。と言って踊ってみせてくれた


私にはマスターのこういう言葉がダイヤモンドなの
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-01-27 23:40 | インド舞踊 | Trackback

c0137328_19122647.jpg


アディヤールのとあるところで明日のプログラムの為の音源の編集作業

一緒に踊るヒティーが先導して編集の指示だししてくれました

ちなみにここでは編集にSound Forgeを使っていました

今からニーランカライのウマ先生のクラスでリハです

プレート忘れないようにしなくちゃ
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-01-24 19:19 | インド舞踊 | Trackback

今日は朝からウマ先生のところ(ニーランカライ)で
今度のマスターのトリビュートのためのアイテムを習う

グループダンスは難しい

で夕方キショール先生のクラスに行く

台湾の生徒が新しく入ったそうだ

まだステップだけど男の子はマービンクーみたいにニートに踊っていた

将来有望ですね

で、彼らのクラスを待つ間キショール先生のところの娘さんに遊んでもらう

c0137328_1261174.jpg


c0137328_1263995.jpg


写真は作ってもらった粘土細工

結構うまいのでこりゃまたびっくり


でクラスあがりにティーナガルのナテーシャンパークのchennai sangamamに行く

c0137328_125185.jpg


いやーマイラポールのと違って派出だし盛況でした

c0137328_1253036.jpg


舞台ではかっちょいいカルナーティックを楽しめました

私はお初のサンディープナラヤナンという方

わたくしが到着した時にはちょうどラーガムターナムパッラヴィを歌っていらっしゃいました

c0137328_12430100.jpg


残念ながら写真はまえの親父さんにピンがあってしまったのですけどね

そのボーカルコンサートの後はいつものロージャカンナンのグループダンス

舞台のチェンジの場つなぎにシュリカントサーがMCをしてたのですが

いやーMCだけでお客を沸かす沸かす!!

これ~なんだか知ってる?ナトワンガムっていうんだよとか

全然わからないだろうお客さんのために説明もしてました


あ~楽しかった!!

というわけで今日も満足
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-01-17 01:30 | インディアンライフ | Trackback

数年前だったと思いますが
カラクシェートラ系の大御所が「振付の深み」とか「振付の品格」のようなことを
お話しされたというのを聞いたことがありました

その時はイマイチぴんと来なかったのですが

近頃、とみにその言葉の重みを感じるようになりました

わたしは今年その方の踊りをMAの朝の枠で拝見させていただいたのですが

もうかなりの年齢になられるのに、あんなに踊られていて素晴らしいとかいう陳腐なれべるではなく

本当にそのかたの舞から芸術家としての「プライド」と「威厳」があふれ出ていたのに

とても感動しました


不思議ですね

何も語られないのに、考えていらっしゃることや生き様までもが舞を通して伝わってくるのです




わたしもぴーんと背筋がのびました
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-01-16 11:26 | インド舞踊 | Trackback

本日はBVBにてディーピカアカ(ディーピカレディ)のダンスドラマを観ました

久々にアカのステージを拝見となったのですが


まず舞台に出てきたディサイプルがみなさんかなり若いので一瞬大丈夫かなと思いました





コンセプトが「人間と自然の共存」というエコな題材で興味深く

ジャティもなかなかスリリングな振付が多くかなり楽しめました

シーンの転換もスムーズに行われ

インドのダンスドラマによくありがちな「ちょっと~舞監つけてよ~」といいたくなるような事は全くなかったです。

音楽面では、クチプディらしくハイピッチの女性ヴォーカルと男性ボーカルが共に歌っていたので(正確に言うとレコーディングされていたので)アーンドラのフレーバーを強く感じることができました


このドラマでは、最初にパンチャブータム(地、水、火、風、空)がそれぞれ表現されました

その後、人間のエゴで自然を破壊していく様を描き、

それをマザーアースが嘆く


無尽蔵な木の伐採などにより自然の均衡が崩れ、それにより人間もさまざまなトラブルに見舞われる

そうした教訓的体験から人間も自然の大切さに目覚め、自然との共存をめざしていく事となる


という内容でした


なかなか面白かったです





BVBのプログラムでしたので帰りにカパリにお参りいたしました

c0137328_1224736.jpg


あーー、やはりコイルに行くとグンと元気になります

オーム ナマシヴァーヤー
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-01-12 01:23 | インディアンライフ | Trackback