タグ:インド舞踊 バラタナティヤム ( 15 ) タグの人気記事

c0137328_1017494.jpg


京都のバラタナーティヤムのダヤ先生より公演のご案内をいただきました。
美しい正確なフォーム、表現力、インド古典舞踊の素晴らしさを長年伝えつづけられている先生です。
今回始まった新しいプロジェクト
インド以外の音楽や舞踊と出会うことによって、新たに見えてくるもの・・・・・
ダヤ先生の「遊び心」と芸術の展開の可能性に是非ご期待ください!

詳細は以下!

〈ダヤ・トミコ ダンスフィールド〉Vol.1
「表現の魅力~インド舞踊と邦楽・琵琶~」

2015年9月6日(日) 15:30 開場 16:00 開演

@京都芸術センター・フリースペース

出演: ダヤ・トミコ(インド舞踊)
     片山旭星(琵琶)

料 金:一般:2,500円(当日:2,800円)全席自由
学生・在住外国人・障がいのある方:1,500円(当日:1,800円)

お問い合わせ  タンマイ・ナティヤアラヤインド舞踏研究所
          Tel&Fax 075-464-1728 
daya-idance@sweet.ocn.ne.jp
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2015-08-26 10:21 | インド舞踊公演情報 | Trackback

インド舞踊公演のご案内です


実力派若手バラタナティヤムダンサー 堀友紀子さんのソロ公演のお知らせ♪

言わずと知れたさばーっしゅなバラタナティヤムを踊られる山元彩子先生の秘蔵っ子ですよ。

日本のインド、高円寺での公演です。

お時間のある方は是非!以下、詳細です。

c0137328_913318.jpg


c0137328_92947.jpg


日時:2015年6月13日(土)  16:00開場  16:30開演

会場:座・高円寺2

料金:事前予約2500円 当日3000円(中学生以下無料) 全自由席

構成・演出:山元彩子(ヌリッティヤ ラクシャナ ジャパン)

主催:ヌリッティヤ ラクシャナ ジャパン http://lakshana-japan.com 

イベント詳細:http://yukiyamini.com/event.html
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2015-05-29 09:16 | インド舞踊公演情報 | Trackback

昨晩はマスターのところで一緒のグループで踊っているショーバのシスター(シーラウニクリシュナン)の学校のパフォーマンスがあった

オーディエンスは日本からの観光客の皆様20名ほど

MCをショーバに頼まれたのでワダパラニまで行きました

前にも言ったと思うけど、ユーチューブでおなじみのハリニをはじめ生徒たちみんな、シーラのところは本当によくトレイニングされているなと感心する

写真はペリニナダナムというアイテム

メラトゥールスタイルからの演目

素焼きの壺の上でダンサーがいろいろなチャーリやカラナを披露する

ターラムをメインテンしながら壺にのったりポジショニングを変えるだけでも、かなり難しい

サバーッシュ!!

c0137328_9254419.jpg

ペラニナダナムを踊る「SRI DEVI NRITHYALAYA」の生徒たち

c0137328_9265130.jpg

[PR]
by kuchipudi-keiko | 2012-02-02 09:30 | インド舞踊 | Trackback

c0137328_11291583.jpg

c0137328_11294714.jpg

京都の魂のインド古典舞踊家 ダヤ・トミコ先生から公演のお知らせを頂戴いたしました

ご興味の方は以下ご一読のこと


ダヤ・トミコ&サキ インド舞踊公演Part10
バラタナーティヤム古典舞踊&創作民話
-日本昔話『鶴の恩返し』より、インド舞踊家ダヤ・トミコが古典の技法をベースに、独自の視線で展開させる純なる世界!



つる・純情
2011年12月4日(日)2回公演
開演/昼12:00 夜18:00
会場/京都府立府民ホール「アルティ」
主催・制作/ タンマイ・ナティヤアラヤ インド舞踊研究所
出演/ ダヤ・トミコ(バラタナーティヤム)サキ オブ タンマイナティヤアラヤ(舞踊団)野村祐子(箏 正絃社家元)久野隆昭(ガタム・南インド打楽器)森美和子(篠笛・能管)
友情出演/大谷紀美子(バラタナーティヤム) 明星神次(狂言)


詳しくは:タンマイナティヤアラヤ 075-464-1728
HPはこちら
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-10-18 06:47 | インド舞踊公演情報 | Trackback

バラタナティヤムアーティストの横田ゆうわさまより公演のお知らせをいただきました

以下、ご一読のこと

c0137328_829890.jpg
c0137328_8293113.jpg


稲穂の刈りいれがはじまり、コスモスの間をそよぐ風が涼やかです。
みなさま、いかがお過ごしですか?
秋も深まりゆくころ、インド舞踊公演のおしらせです♪

約1ヶ月後となりました♪
どうぞ まつもと芸術館においでください。

《インド・祈りの舞 語りとともに Vol.5 ―神に身をゆだねる―》
10月24日(月)19:00開演(18:30開場)
◆ まつもと芸術館・小ホール
◆ 出演 : 横田ゆうわ 宮地雅子
◆ 前売り2500円/ 当日3000円/(学生・障がい者1500円/小学生1000円)
◆ チケット取り扱い
・フィリアプロジェクト(横田)tel/Fax0263-52-1889
・まつもと市民芸術館チケットカウンター/
・安曇野ひつじ屋(穂高駅前 0263-82-3888)/
・ギャラリー&カフェ憩の森(松本市城山 0263-38-7660)/
・たい焼きふるさと(松本ナワテ通り 0263-39-5552)/
・パティスリー.カフェICHiE(塩尻市役所向い0263-53-4640)
・安曇野地球宿(080-5486-6111・増田)

★収益金の一部を、東日本大震災被災者支援(「ボランティア後方支援ネット信州」)
 に当てさせていただきます。


…ひとこと…
 
「いったい私はどう祈ったらいいのだろう」
「それでも歴史はつづいていく」
そのような思いを震災後、ずっとかかえておりました。
インド舞踊は祈りの舞。祈りとしてのこの踊りを、
まさに今、「踊るとき」なのではないかという思いに満ちて、
公演のご案内をさせていただきます。

科学技術が発展し、近代化は人々の生活を良くしたけれど、
物質主義が人の感情や感受性、精神性を破壊し、自然をも破壊した。
人間の欲の追求の果てに人災を起こし、また、
私たちははかり知れない自然の猛威を目の当たりにした。

すべてを「はかり」、そこに基準を据えて、価値を見出し発展し続けてきた近現代の歴史。
けれどこの世には「はかり知れない力」があるということを思い知らされる。
それこそが目にはみえない大いなる力。
いま、すべての「はかり」を捨て、身をゆだねてみたい…。大いなるものに。
その行為こそが「祈る」ことなのだと思う。
   古代から受け継がれてきたものが祈り。インドの人たちの通底音。
   古に心をつなげてみよう…。きっとそこから「みらい」がみえてくる。

そんなことを大学時代からの親友である女優の宮地雅子に話したら、
「ゆうわ、そうだよ。私も祈ってみたい! 私にも何かできるなら!」と、
語り役を快諾してくれた。
彼女は演劇の領域で「祈り」を表現してくれる。私は「祈り」を踊りで表現する。
芝居仕立てで舞台はすすむ。
あなたも、《祈りの旅》をともにしませんか。

どんな悲しみ、苦しみ、困難のなかにあっても、
心から祈ることが出来るなら、人の生には希望がある、
そう、私は信じているのです。

収益金の一部を、私が関っている「ボランティア後方支援ネット信州」に寄付いたします。
支援のカタチはいろいろある。それでよいのだと思います。
祈りのカタチもいろいろある。それでよいのだと思います。
皆様のお越しを心から、心からお待ちしています♪

季節の変わり目、どうぞお体には充分お気を付けくださいますように。
  ~シャンティ~   
        2011・9・26  横田ゆうわ


お問い合わせ.ご連絡先は
yuwayokota★yahoo.co.jp(★を@にかえてください) までお気軽にどうぞ!

ブログのほうも是非、訪ねてみてください♪


ありがとうございました。
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-09-27 08:34 | インド舞踊公演情報 | Trackback

近年、ますますアビナヤにベテランのさすがの貫禄が増した
バラタナティヤムアーティスト 横田ゆうわさまから公演のお知らせをいただきました

c0137328_1039362.jpg
 

c0137328_1039455.jpg
          

皆様、芸術の秋に松本にお出かけになられてはいかがかしら?


以下、ゆうわさまからのメールを抜粋して貼ります

公演にあたっての『ひとこと』是非ご参照のこと~



秋の始まりにインド舞踊公演のおしらせです♪

まさに来月の今日になりました!
どうぞ まつもと芸術館にお集まりください。

《インド・祈りの舞と語りVol.4 ―命・人間賛歌―》
10月1日(金)19:00開演(18:30開場)
◆まつもと芸術館・小ホール
◆前売り2500円/ 当日3000円/
 人生割引き―学生・障がい者1500円/小学生1000円
◆チケット取り扱い
・フィリアプロジェクト(横田)tel/Fax0263-52-1889
・まつもと市民芸術館チケットカウンター/
・安曇野ひつじ屋(穂高駅前 0263-82-3888)/
・ギャラリー&カフェ憩の森(松本市城山 0263-38-7660)/
・たい焼きふるさと(松本ナワテ通り 0263-39-5552)/
・パティスリー.カフェICHiE(塩尻市役所向い0263-53-4640)

…ひとこと…
私がインドに惹かれ踊りに魅せられているのは、
インドのもつ「不思議なエネギー」です。
すべてにおいて「多様化」し混沌とするインド。
最近の経済発展に伴いさらに格差は肥大し、
混沌は深みを増し、「複雑化」するインド。
にも関わらず人々は表情豊かにいきいきと生きている。
「混沌を受け入れて生きていくしか
しょうがないじゃないか」という、
「何でもありのバイタリティー」。
それは、貧しきものも富める者も、
祈りを神さまに捧げ、
祝福を授かることにおいては等しい、
つまり、
「命において人間格差はない」
という信念が、インド人たちの根底に
強く厚く流れているからだと、
わたしには思えてならないのです。

インド人たちのエネルギーの源である
古代の踊りを通して、
人間賛歌・命への感謝を踊ります。

友人であり個性派女優の野田貴子さんに、
舞台と客席のパイプ役をお願いしています。
秋のひととき、みなさまとご一緒に
「人間賛歌」を歌えることを願いながら、
今回はステージと客席をフラットにします。
そして心もフラットに! 
通い合う「息」が生まれましたら
本当にハッピーです!
お時間ありましたら、どうぞ足をお運びください♪
舞台でお会いできますことを楽しみにしています。

季節の変わり目、どうぞお体には
充分お気をつけ下さいますよう。

~シャンティ~   2010・9・1  横田ゆうわ


お問い合わせ.ご連絡先は
yuwayokota★yahoo.co.jp までお気軽にどうぞ!(★を@にかえてください)

ブログのほうも是非、訪ねてみてください♪
http://yuwayokota.exblog.jp
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-09-02 10:15 | インド舞踊公演情報 | Trackback

c0137328_21411654.jpg


c0137328_214219.jpg


バラタナティヤムの池田未央ちゃんからインフォいただきました

Mioちゃんの『カルマヨーガ』の『バクティームーヴメント』を
皆で見にいこう

未央ちゃんは毎年チェンナイで顔を合わせる仲間の一人
もう、10年ほど踊りの勉強に通って来ていたのですね


「踊りを通して、すこしでもみなさんに魂のこと、
思い出してもらえたらすてきだな、と思います。」
未央ちゃんからのメッセージです

ビビッとひらめいた人は以下ご一読ください


南インド古典舞踊『バラタナティヤム』リサイタル
池田未央 10周年記念リサイタル
~すべてのつながるいのちに感謝をこめて~

2010年10月15日(金)
安曇野市穂高交流学習センター「みらい」
        0263‐81‐3111
開場:18:30 開演:19:00
入場無料 (要予約 先着160名)

ご予約は
bnatyammio☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえてください)
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-24 21:44 | インド舞踊公演情報 | Trackback

今日は、ちゃんと間に合って

安曇野からボランティアで来ているみおちゃんのバラタナティヤム、観ることができました


アンマのダルシャンの後ろで踊らせていただくのですね

会場では懐かしいお知り合い、N シュリカントサーのディサイプルの北海道在住のバラタナティヤム ダンサー、佐藤知香子さんにもお会いしました

彼女も数年前にやはり踊らせていただいたそうです


ちなみに本日、池田未央ちゃんが踊った演目はデーヴィの「マラリ」でした

グル アニタ グハのコレオグラフらしく、メリハリのある華やかな仕上がりでした~


c0137328_838167.jpg


Strike a pose- MIO IKEDA
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-07-26 18:58 | インド舞踊 | Trackback

安曇野在住のインド舞踊家

バラタナティヤムダンサーの池田未央ちゃんが

明日から3日間べルサール新宿で行われるアンマのイヴェント(という言い方でよいのかな?)で、ボランティアで踊られるようです

みおちゃんの出演は月曜日(の午後?)らしいけれども、詳しいことは明日わかるみたい

彼女は、CVチャンドラシェーカーサーの元で修業したのち、現在はアニタ グハの元でプリティーなバラタナティヤムの勉強を続けているアーティスト

あー、久しぶりにナマシヴァみおちゃんの踊りが観たいのだー!

c0137328_23204574.jpg

[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-07-24 23:16 | インド舞踊公演情報 | Trackback

8月
バラタナティヤムのマチコ・ラクシュミー先生とその門下生・プシュパムさんの公演のお知らせです

インド舞踊の方も色々な空間でパフォーマンスしています
お蔵、風情があってよいですね~
しかもポン酒もおいしそうだし♪

ご興味の方は以下、ご参照のこと

現代絵画とインド舞踊in 嘉永蔵
「蔵に遊ぶ」 遠藤茂子の作品の中で
※遠藤茂子展は8月8日~15日 9時~5時 入場無料

2010年8月7日(土)
Open:17:00 Start:18:00
入場料:1000円(全席自由)
会場:末廣酒造株式会社 嘉永蔵
福島県会津若松市旧新町12-38
(0424)27-0002
出演:マチコ・ラクシュミー・川住文・関内香織・長谷川真弓・茂木真佐枝

チケット販売&お問合せは
ラクシュミーインド舞踊スタジオさんまで
m-lakshmi@wcv.jp  090-1812-2260
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-06-24 08:57 | インド舞踊公演情報 | Trackback