http://www5e.biglobe.ne.jp/~kutcheri/インド舞踊家の私のインドと日本での見たり、聞いたり、考えたり

by kuchipudi-keiko

タグ:インド舞踊 クチプディ ( 57 ) タグの人気記事

『SATYAM - SIVAM - SUNDARAM festival』
Date : 28th of January, 2016
Time : 5.30 pm
Venue : Sri Kapaleeswarar Temple, Mylapore.
organized by Sridevi Nrithyalaya

突然ですが、次回ソロプログラム、
今年に引き続き、来年も、チェンナイのカパレーシュワラ寺院にてパフォーマンスできることになりました。
今回は、インドのキショールマスターのお力添えで、シヴァラートゥリーでなく、皆さんユーチューブでもおなじみのシュリマティー シーラ・ウニクリシュナン主宰の「シュリーデーヴィーヌリティヤラヤ」が毎年カパレーシュワラコイルで開催するフェスティヴァル「サティヤン シヴァン スンダラン フェスティヴァル」に出演が決まりました。

2016年1月28日
17時30分から
マイラポール カパレーシュワラ寺院にて

是非、いらしてくださいっ!!

※2月のまたまたプレシャスなイベントについては、べつのエントリーで♪
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2015-11-03 21:07 | インド舞踊公演情報 | Trackback
インド舞踊 クチプディWSのお知らせ

クチプディ(Kuchipudi) 基礎のステップWSをひらきます。
(全日程、違うステップを取り上げて勉強します)
インド舞踊、クチプディを習ってみたいとお考えの方、この機会に是非ご体験ください

インド舞踊経験不問

最初は以下の日程で行います(日程随時、更新)

●場所については、日程により変わります。ご希望の方はお問い合わせください。

●講師 Keiko Watanabe
  
  11/16(日)19:00〜20:30 
  11/24(月 祝)19:00〜20:30 →14:00〜15:30

WSのお問い合わせ、お申込み
お名前、お電話番号、ご希望の日にちを
kuchipudikeiko@yahoo.co.jpまで
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2014-10-25 08:50 | インド舞踊クラス | Trackback
カタックの敦子さんと南青山マンダラさんのインド古典舞踊の企画

「インド独り舞ふ」

平日でありながら連日沢山のお客様にご来場いただいて、出演者のひとりとして心からお礼申し上げます。

インド芸術のラシカー(愛好者)の方々から発せられるよいバイブレーションの中、舞踊家たちもリラックスして素敵なプログラムになったと思います。

企画、制作、そして4日間ともMCでナイスなコメント連発の敦子さん

いつもプロフェッショナルサポートばっちりのマンダラの皆様

他スタッフの皆様、ご来場くださった皆様、そして、ダンサーズの皆様、ありがとうございました!

公演について、どんな感想をブログに書こうかなとずっと迷っていたのですが、盛況でよかったね~~とか、がんばったね、とか日本人がインド舞踊って難しいんだよーとか次回楽しみ、とかすでに他のダンサーズが書いてくれるのではないかと思うので、私は久しぶりに「なぜに、インド舞踊を踊るのか?」という事を「独り舞ふ」を踊り終えた記念に?短く書いてみることにしました。

暇な人は以下、読むべし!





私たちが愛してやまない「インド古典舞踊」という芸術。


踊り手は、その舞を通して神と対話し

観る者は、踊り手のその眼の中の神に祈りをささげます。


その根源は、神への献身の精神にあるといいます。

もともとインド舞踊の発祥は、『神の名を呼び、歌い、踊り、献身をあらわし、解脱の道を求める』というバクティームーヴメントにさかのぼります。


インド人でもない私たちがなぜインドの神に祈るのか?という問いには

神の根源はひとつであるからと答えておきましょう


では人はなぜ神に祈る(踊る)のでしょう?


生まれ出でて、老いて、死んで、朽ちていくのが人生

解放(肉体を離れる)に至るその時までに、味わうだろう数々のスパイス

窮屈な型に押し込められた魂が、インスタントではないその生のスパイスを味わうたびに、人は神に祈ります。

ある時は、より深く味わうために

またある時は、救いを求めて

そして、何より生命(いのち)を授かっていなければ味わうことのなかった数々の刺激に感謝して


神も悪魔も戦いも恋愛も喜びも怒りも苦しみも悲しみも。。。。。。

すべてが舞の中にあります


私は、踊りの題材であるヒンドゥー神話の中に人生の経験や自分の感情を投影します。

そして、神話の根底に流れる智慧のエッセンスを踊るように努力するようにしています。


また自分自身も、踊りを通して、精神的に道を探し続けています。




そして、もうひとつ、おまけのインフォ★

舞台芸術としても素晴らしいこの「インド古典舞踊」を、いち芸術としてもっと一般の方々にご認識いただけるように、今年から実験的にプロジェクトを仲間とはじめます

近いうちに詳細発表いたしますので、こうご期待!!



今回の独り舞ふで踊らせていただいたドゥルガー女神は

善と悪、偽りと真実を見抜く力を与えてくださるそうですよ。
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2014-04-27 13:42 | インド舞踊 | Trackback
新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

1月8日加筆します

公演はパブリックにオープンしないので、インヴィテーションカードが必要です

くる予定にしていた方、カードが行かなかったらごめんなさい!!


さて、1月12日のミュージックアカデミーでの公演ですが

いろいろな(8組)のスタイルのダンスグループがラクシュミについての曲をやるようです

ひとグループ15分

計3時間くらいになるようですね

オリッシーはヌリティヤグラム、モヒニはニーナプラサード、バラタはいっぱい出て、マイトゥリとかでるみたいです。で、クチプディはわが師匠 ジャイキショール モサリカンティ グループです

無料のようなのでぜひ足をお運びください

2月には師匠のグループでクンバッコナムにパフォーマンスに行きます。



チェンナイのシーズンはいまだダンスでは、心に響くものはなし

ナーティヤカーラコンファレンスでみたバウルーが非常によかったです

パールバティ バウルという女の人

25年位前に会ったら私もバウルになってたかもと思うくらいよかったですよ_


ちなみに、今年は帰ったら新しくクチプディベーシッククラスをはじめようと思います

ご興味の方は、kuchipudikeiko@yahoo.co.jpまでお問い合わせを
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2014-01-01 20:02 | インド舞踊公演情報 | Trackback

チェンナイより

皆さん、お元気?

チェンナイの師匠の家のpcからブログ更新です

えっとチェンナイは暑いです

新しい師匠のダンスクラスは屋上にあって、素敵ですよ

次回プログラムですが

来年1月の12日にミュージックアカデミーで師匠のグループで少し踊らせていただきマース

師匠夫妻のプログラムは1月21日、ブラマガーナサバです

チェンナイの方、ぜひいらしてください

もう、シーズンはじまってますね

今日はかっちぇりでマチコセンセイやけいこさんや谷岡ちゃんと待ち合わせ

20年以上前のダンスクラスのメンバーがチェンナイで会うなんて

偶然って本当に素敵!

また、更新しますね
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2013-12-15 16:31 | インド舞踊公演情報 | Trackback
習った曲を舞台にあげるために、最低その曲を100回は練習する

と今読んでいるダンスアーティストの本に書いてある

私の尊敬する日本人のインド舞踊の先輩も昔そのようにわたしにおっしゃった

そして、わたしも最低限、それくらいはするようにしている

だが、インドで群舞の場合は、全くそのようにいかない

皆の練習は、主にフォーメーションをつけたり、師匠が振り付けを変えたりするのにあてられる

今、習った曲を他人や自らの場所を考えながら踊るのは、とても難しい

気持ちよく踊るためには、踊りこむ時間が必要だが

いつも、そんな時間は全くないシチュエーションのインド。。。。。

私は朝の4時にステイしているところの屋上に上がっていて

ラップトップでフォーメーションを確認しながら

練習することにしている


100回は踊らないと、身体に入らない

そうでないと踊りに命をふきこむことなんて、とうていできない

「舞台で次のふりを考える」というので、よい踊りが踊れると思いますか?

イミテーションの踊りをしないためには

練習するしかない


必ずや、いろいろなハプニングがおこる舞台で

集中して

パフォーマンスのクオリティーを保つ

板の上で、唯一自分を助けられるのは

日々の正しい練習の積み重ね


「練習しているけどうまくならない、とか、まちがえる とか、忘れる」という人がいるけれども

今一度

「スタジオの鏡の前にいる時間」と「練習する」ことの違いを考えた方がいいと思う

ただただ曲を流して踊って練習しているつもりになっていないか


踊れれば踊れるほど、自分のできていない部分も見えてくる

踊れば踊るほど、練習しなければいけないことも増えてくる

みな、それぞれ時間に制約がある

そんな時に

どのように時間を配分して何をどのくらい練習するか

そういう事を常時組み立てるという事が、練習の第一歩なのだと思う
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2013-11-30 08:15 | インド舞踊 | Trackback


2011年の「コナーラク ダンス フェスティバル」のグル ジャイキショール モサリカンティ グループのライブ映像です。

ワタスも踊ってるのだ
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2013-11-14 01:01 | インド舞踊動画 | Trackback
c0137328_1829519.jpg

c0137328_1931455.jpg

c0137328_7301449.jpg

c0137328_19322160.jpg
c0137328_19335744.jpg
c0137328_19355370.jpg

c0137328_2038461.jpg

c0137328_20404893.jpg

c0137328_19391912.jpg


インディア・メーラー2013@神戸メリケンパーク、今年でメーラー出演させていただくのは、4回目でした。

今年はステージの場所が、海の前!!

なんとよい気の流れるところなのでしょう~♪

MCでも申し上げましたが、私がヴェンパティマスターグループの「クチプディ」を観て感激した南インド、マハバリプラムの海岸寺院のところで行われるダンスフェスを思い出して、盛り上がりました。

私たち(向かって左手、ピンクのコスチュームは直ちゃん、右側、オレンジがわたし)は、楽しくパドマブーシャン・ベンパティ・チンナサティヤムのアイテムで「ガネーシャ カウットワム」を踊りました。

メーラーは、2日間ともできる限り、拝見させていただいたのですが、皆さん、生演奏だったり、ジュガルバンディやコラボや創作などなどに取り組んでおられて、その芸術に対する自由な精神にハーッと頭の下がる思いでした。

またまた良い刺激を受けました。

IM実行委員会の皆様、スタッフの皆様、ボランティアの皆様、ご出演の皆様、ご来場の皆様、あと、色々と遊んでくださった皆様、お疲れ様&楽しい時間を本当にありがとうございました。
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2013-10-20 19:53 | インド舞踊公演情報 | Trackback
★私のクチプディアイテム★
本当にたくさんあるのだけれども、好んで踊るレパートリーの一部を紹介

大部分の方には、なんじゃこりゃ?でしょうが
そのうち、有名な曲などは、わかりやすく、説明整理しますね

では、とりあえず、好きなもち曲を羅列します

(グル パドマブーシャン ベンパティチンナサティヤムのアイテム部門)

プージャ
ジャヤム ジャヤム
ジャティスワラム
ガネーシャ・カウットワム 
ガジャワダナ
ブリンダーバン
ナーラヤニアン
コルウェイティバ
ナテーシャ・カウットワム
クリシュナ・シャブダム
マンドゥーカ・シャブダム
ダシャワタラム
プララヤ(ダシャワタラム・アシュタパティ)
バーマ・プラヴェーシャダル
ルクミニ・プラヴェーシャダル
カマクシ・ストゥーティー
シヴァシュタカム
シヴァ・ストゥティー
アーナンダ・タンダバ
 
マラカタマニマヤ
バーラゴパーラ・タランガ
ゴーバルダナギリダーラ

クルカガ
ワニポンドゥ
パルラナマータ
パルクテネラタリ
アシュタパティ
シーラサーガラ
ジャガダーナンダカーラカ

ティッラーナ(ヒンドーラム)

★私のクチプディアイテム★
レパートリーの一部(グル ジャイキショール モサリカンティ部門)

アーナンダ ナルタナ ガナパティン
グル ストゥティー
サラスワティー バンダナ 
プラナワーカーラム
シヴァ タランガ
ドゥルガー タランガ
アーローケ(タランガ)
バルナム(アンマーアーナンダダーイニ)
シュルンガーリンチコニー
ティッラーナ×3(ベハグ クンタラバラリ タニヤマーリカ)
アーラティ
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2013-09-19 10:50 | インド舞踊 | Trackback


伝説的クチプディグル パドマ ブーシャン ヴェンパティ チンナ サティヤムの動画

長いけどお宝映像満載、是非ご覧ください
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2013-05-30 18:23 | インド舞踊動画 | Trackback