<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0137328_1874123.jpg

c0137328_1883288.jpg


カレーとインドを愛する皆様に朗報

日本人シェフの、日本人シェフによる、インド料理ファンのためのイヴェント

「LOVE INDIA 2012」

本日よりチケット売り出し開始

500名限定なので、かなりお早目に!!

チケット、サザンスパイスにも置いてありますっ、
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2012-08-30 18:15 | インドメシ | Trackback

120830

スゴイなぁ、皆バンバンインド国内で、世界のあちこちで公演して、ガンガングッドレヴューを新聞でもらってる

実際、踊りの技術も優れているし、ルックスもいい

皆ががんばっていると、本当に励みになる

私はすべての点で、全然まだまだだなぁ


1996年の1月インド・チェンナイでクチプディをはじめる時に

インドのダンサーが1回練習するなら、

日本人のわたしは黙って100回は練習しようと決めた

今でもそれは守っている


よその国の大切な芸術を学ばせていただいているのだから

根底に尊敬の気持ちを決して忘れることのないようにとも思った

これもハートの真ん中にいつもある


どんなにどんなに勉強してもまだまだ足りない


引き続き1000倍努力すべーーーーし!!!
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2012-08-30 17:29 | インド舞踊 | Trackback

次回出演

えっと、私のクチプディ出演情報なぞは

http://www5e.biglobe.ne.jp/~kutcheri/program.html

にアップしてあります

気がついたときに、ぼちぼちアップしとりますので

ご興味の方はチェックしてください
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2012-08-29 00:47 | インド舞踊公演情報 | Trackback

120829

c0137328_1155926.jpg


25日の夕方の雲

これは東京西部で西を見て撮ったのだけれども

他の方角に、もっとはっきりしたコイル状の雲が出ていた

空を見てむむむっ!!と思うと撮ることにしているんだ

近頃は
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2012-08-29 00:26 | Trackback
「一緒にお茶を 祈りの刻 回廊を巡る様に」

無事終了

c0137328_15511012.jpg

会場の九浦の家は、20年くらい前にマチコ先生がダンスクラスを開かれていた場所
私もこの九浦の家にバラタナティアムを習いに通いました

c0137328_15515124.jpg
c0137328_15521547.jpg

懐かしい廊下を抜けると

c0137328_15523993.jpg

c0137328_16547100.jpg

ホールではガネーシャ様がおでむかえ

c0137328_15532814.jpg

わくわく♪

c0137328_15542556.jpg

マチコ先生のMCと共にガネーシャ様にアーラティー
消防法の関係で本格的にはできませんが。。。。
やはり、オーブが来ますね

c0137328_15552247.jpg
c0137328_15561018.jpg

シヴァ

c0137328_15563654.jpg

こちらはシヴァ神のコズミックエナジー、パンチャブータムの地のエナジー

c0137328_1557658.jpg

小さなアットホームな集いでしたが、本当に久しぶりに共に舞わせていただいたご縁に心から感謝
まちこ先生どうもありがとうございました


いつもの皆様、懐かしい皆様
「祈りの刻」にご来場いただきまして誠にありがとうございました!!

プロフェッショナルにスタッフの仕事をきびきびとこなしてくださり、出演者をばっちりサポートしてくださったすべてのスタッフの皆様ありがとうございました!!

「はるばる屋」さん、まちことけいこという「はるばる屋」の娘のために、素敵なプレゼントをありがとうございました

皆、写っているのかな?何名かは裏でお茶の仕事をしていたから。。。。。


c0137328_1558631.jpg
c0137328_15585238.jpg
c0137328_15594785.jpg
c0137328_1612269.jpg
c0137328_1612614.jpg


最後にこの写真を撮ってくれたまちこ先生のお弟子さんの大野さんとマチコ先生とわたくしめのチェンナイでのショット
c0137328_16414784.jpg

[PR]
by kuchipudi-keiko | 2012-08-11 16:42 | インド舞踊 | Trackback

120808

c0137328_2031378.jpg


薪能を観に都庁まで行きました

私が広場に到着したのは、ちょうど一つ目の演目が始まる時


そのようなわけで、いただいたパンフレットの演目内容に目を通す暇もなく鑑賞しました

広場いっぱいの観客 立ち見の観客もぎっしりいらっしゃいます

私が立っていたのは、舞台真正面ではありますが、すごく遠くから人の間をぬうようにして拝見しました

全く何の予備知識もなく見て理解したのは
お恥ずかしながら

どうやら「釣針」がどうかしてしまったようだ、ということ

龍を頭に掲げた威風堂々とされた男の方と
美しい装束の姫2人の3名が舞っていたということのみ

すり足で移動する能のその動きは、この世のものではない風情を醸し出します

何と申しますか、能の舞台自体が此の世とは一線を画している様に感じました

基礎知識のないオーディエンスとしては、装束にやはり「はーーっ♡」と見いってしまいますね

自身がインド舞踊を踊っている時には、メイクもオーナメントもコスチュームも大変過ぎ!!と思う事も多々あるのですが、観客として舞台鑑賞してみるとやはりアハールヤアビナヤはとても重要なのだと再認識いたしました


ちなみに私の拝見したお能の演目(といういい方で正しいのかしら?)は「玉井」だった模様
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2012-08-08 20:05 | Trackback

Laya Project

世界の車窓から

いつも、センスが良いのでうっとり拝見しているのですが

特に今は南インドの旅~♪ということで

全部録画してますよ、旦那が

昨日はLaya Projectの音楽が使用されていました

スゴイですね~~

日本の方はほとんどこのCD&DVDご存じないと思う

昨晩の放送を見て、私のブログにもそれでググッていらした方がいる

本当に素敵ですよLaya Project

そのプロジェクトについて5年前に書いた私のエントリーもどうぞ
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2012-08-03 12:08 | Trackback