http://www5e.biglobe.ne.jp/~kutcheri/インド舞踊家の私のインドと日本での見たり、聞いたり、考えたり

by kuchipudi-keiko

<   2010年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

インド舞踊家の入野さまのグルであられるニルマラ先生の『モヒニヤッタムWS』に参加させていただきました

『モヒニヤッタムは稲穂が風にそよぐかのごとくに踊らなければいけない』と言われています
と説明をうけてはじめました

同じ南インドの踊りなのでバラタナティヤムやクチプディと共通点もたくさんあるようですが
深く腰を落として連続的に弧を描くようにして踊るモヒニヤッタムは
より『ラースヤ』ー女性的な踊りを強調した舞踊とされています

まずスクワット系の準備体操(これに関しては、日頃、私達がしているものと同じでした)を2種行い、アラマンダラムと呼ばれるベーシックポジションについては、バラタナティヤムやクチプディのかかとの間隔よりも指一本分ほど広めにキープして、つま先(もちろん膝の角度も準ずる)のむかうダイレクションも左右180度よりも中に向かってキープすると習いました



その後、ベーシックステップ(アダヴ)を数種類
この日のフットワーク自体はバラタナティヤムでいうところのターテイテイタ―を基本としたシンプルなものでしたが

弧を描く手のひじをのばさなかったり、その手の動作の範囲
眼球の動きをフルに強調するアイムーヴメント
ひざを伸ばさない動きの連続と時々出てくるすり足のようなフットワーク
微妙に違うハスタのくみかたなどを一気に許容しようとして
汗がガーッと出てきて、大腿四頭筋がワシーッ!!!となりました

その後、ハスタ(インド舞踊に使用する手の型)を習い
アイムーヴメント、アイブロームーヴメント
そして頬のムーヴメントなどにトライしました

モヒニヤッタムのハスタは呼び方も組み方もバラタナティヤムやクチプディで使用している型と少し違うのですが、クーリヤッタムやヤクシャガーナなどとほぼ同一だそうです

頬のムーヴメントは口は動かさずに、頬の中に空気を少し入れ
口角の横あたりを微妙な感じでプクプクさせるというものでした
魚が水を飲む時などに使うとおっしゃってデモンストレーションしてくださいました

眼の表現の練習のところで
『太陽が昇ってきて、そしてその光がとてもシャープになり
そして、最後に自らが太陽になる』
というかっこよくもとても難しいお題を練習したのですが
『太陽の輝きが眩しい』というところの眼の表現が
下まぶたをかなり細かくぴくぴく動かすというもので、あたりまえのように習得できず・・・・

しかし、大きい身体の動きを使わず、ほぼ眼だけで
こういう表現ができるのは、ほんとうに素晴らしいし、学ぶべき事がたくさんある舞踊だなぁと思いました

その他にもいろいろ練習させていただいて、最後にニルマラ先生の愛弟子たち(15,6歳の少女たち)が舞うパールヴァティ―のアイテム(とても古いアイテムでめったに見る事ができない、と先生はおっしゃっていました)を拝見いたしました

表現の方法が独特なのでハスタを見てもパールバティのムドラー以外、その意味をパッと把握することが難しかったのですが、家に帰ってきて、購入させていただいたニルマラ先生のお書きになられたモヒニヤッタムの本をみたら、おー、あれは『ヒロイン』というハスタだったのね~といった感じで理解することができました

今回うまれてはじめて、モヒニヤッタムにトライしてみたのですが
(まぁ、もちろん鏡で見たらわたしのは全くモヒニヤッタムに見えない感じだと確信いたしますが)
またまた奥深い『インド舞踊』の世界を垣間見る事ができました

また10月にもWSを企画されるかもとの事

とても楽しみです

この後、モヒニヤッタムの公演が9月1日、2日とあります

お時間のおありになられる方は行かれてはいかがかしら

詳細は以下どうぞ



日本・ケーララ青少年文化交流2010

2010年9月1日(水)
「ケーララの古典舞踊モヒニヤッタムと日本の青少年によるコンサート」
18:30開演(30分前開場)
会場/北沢タウンホール(京王井の頭線・小田急線下北沢駅南口より徒歩5分)
入場料/990円
~プログラム~
<第1部 日本の青少年によるコンサート>
ピアノやヴィオリンの演奏
<第2部 南インド・ケーララの古典舞踊「モヒニヤッタム」>
出演/ナタナカイシキ舞踊研究所
<第3部 日本の青少年によるコンサート>
尺八やクラリネットの演奏
問い合せ/JMLセミナー入野義朗音楽研究所 高橋冽子
Tel:03-3323-0646 携帯:090-8443-8062 Fax:03-3325-5468(24h可)
E-mail:jml-irinopz@nyc.odn.ne.jp
主催/JMLセミナー入野義朗音楽研究所 実行委員会 後援/在日インド大使館

2010年9月2日(木)
「南インド・ケーララの伝統舞踊の精華 モヒニヤッタム」
19:00開演(30分前開場)
会場/深川江戸資料館 小劇場(大江戸線・半蔵門線「清澄白河駅」下車徒歩
3分)
出演団体/ナタナカイシキ舞踊研究所
演出・振付/グル・ニルマラ・パニッカル
出演/スダルマ・エンブランディリ、サンドラ・ピシャロディ、ウマーデー
ヴィ・アニマンガラム
入場料(全席自由)/前売2000円、当日:2500円 学生前売1300円、学生当日
1500円
予約・問い合わせ/マルメロ Tel:03-5627-7583、Fax:03-5627-7584、
E- mail:marmeloyama★gmail.com(★を@にかえてください)
主催/マルメロ
招聘/JMLセミナー入野義朗音楽研究所 高橋冽子
後援:インド大使館、(財)日印協会
協力:アビナヤラボ、クーリヤッタム日本上演委員会、(財)現代人形劇セン
ター、バリ芸能研究会 ほか
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-31 09:20 | インド舞踊 | Trackback


c0137328_10193570.jpg

c0137328_1021082.jpg

c0137328_10214421.jpg

c0137328_10224175.jpg















Southern Spice フリーマーケット 多くの方にご来場いただきました

この猛暑の中、汗をかいて、わざわざスタジオまで足をお運びくださった方々
本当にありがとうございました


本当はもっとゆったりしていただけるかなと考えていたのですが

お昼の3時間くらいにご来場くださった方、とてもとてもこみこみになってしまって

ごめんなさい!!!でした

きっと皆様、真夏のお昼時にお腹をペコペコさせて来てくださったのですね

とても協力的にお待ちいただいたり、まるでセルフサービスのようにキッチンまでプレートをお持ちいただいたり、そして「ごちそうさま」とお声をかけていただいたり・・素敵なお客様にも本当に助けられました

私はいつもお話しする機会のない方達とお目にかかることができて

忙しいながらも楽しい時間をすごさせていただきました♪



フリマのスタッフの方達も昼からずっと立ちっぱなしで

そして、気を利かせてキッチンの手伝いにまでまわってくださったりして

本当に助かりました

いつもいつもですが、感謝です

おつかれさま&ありがとうございました!!






引き続き、PJ(パンジャビドレス)やお面、置物、特製ガラム・マサラなど少しスタジオにおいてあります

よろしかったらクラスのついでにお手に取ってご覧くださいね
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-29 10:53 | Trackback

お知らせ&お願い

c0137328_575733.jpg私のcell phoneが

水難に遭遇し

なんともあっけなく、おしゃかになられました
(合掌)

すべてのデータ喪失のため
私が交流させていただいていた皆様は、大変お手数ですが、私のセルまでご連絡をくださいよう


            グググ……のお願いでした…
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-27 05:18 | Trackback
c0137328_9144571.jpg今年も講師を務めさせていただくことになりました

素足で大地をしっかりと感じて踊るインド舞踊は『ダイナミック ヨーガ』とも言われています

おおらかなインドの大地ではぐくまれた独特の踊りを踊ることで

日頃、気がつくことのなかった身体の各部分へ意識が向いていきます

『体育の日』の主旨に沿った形で、一般のかたにむけて、楽しくゆったり指導していきます

お気軽にご参加くださいね♪

ご興味の方は以下、ご参照ください


体育の日イヴェント『インド舞踊体験教室』

日:2010年10月11日(日)体育の日

時間:16:00から17;30

場所:杉並区高円寺体育館(小体育室)
高円寺南2-36-31 03(3312)0313

舞踊の種類:南インド舞踊「クチプディKuchipudi」

講師:渡辺桂子

参加方法:当日受付 参加費無料
※教室は素足で行います

主催:財団法人杉並区スポーツ振興財団

[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-26 08:14 | インド舞踊クラス | Trackback
c0137328_2140419.jpg


モヒニアッタムの丸橋広美先生からご案内いただきました

インド舞踊マイム公演『金色の果樹』のお知らせです

前半がインド古典舞踊モヒニアッタムとオリッシィー
後半がインド舞踊マイムの構成となっているようです

ご興味の方は行かれてはいかがかしら

11月13日(土)
開場:18:00 開演:18:30
会場:座 高円寺2
前売り:4500円 当日:5000円(全席指定)

出演:丸橋広美・あがりえ弘虫・島留美・BINDU・萩原裕実子・星野あかね
丸橋広美舞踊団員(大山貴子・越田宏子・高橋美麗・長谷川美絵)

舞台監督:十亀脩之介 音響:サエグサユキオ 照明:ソライロヤ
ナレーション:窪田育代 イラスト:ササダサチコ デザイン:岡本健+

主催:ケララ企画+マルマデーヴィーヨーガ
後援:インド大使館+(財)日印協会+芸術家在外派遣員友の会

予約・問い合わせ:ケララ企画mohini☆nifty.com(☆を@にかえてください)
(その他、郵便振替・電子チケットぴあ、直接購入あり)

詳細は公演公式ホームページへどうぞ
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-25 21:42 | インド舞踊公演情報 | Trackback
c0137328_21411654.jpg


c0137328_214219.jpg


バラタナティヤムの池田未央ちゃんからインフォいただきました

Mioちゃんの『カルマヨーガ』の『バクティームーヴメント』を
皆で見にいこう

未央ちゃんは毎年チェンナイで顔を合わせる仲間の一人
もう、10年ほど踊りの勉強に通って来ていたのですね


「踊りを通して、すこしでもみなさんに魂のこと、
思い出してもらえたらすてきだな、と思います。」
未央ちゃんからのメッセージです

ビビッとひらめいた人は以下ご一読ください


南インド古典舞踊『バラタナティヤム』リサイタル
池田未央 10周年記念リサイタル
~すべてのつながるいのちに感謝をこめて~

2010年10月15日(金)
安曇野市穂高交流学習センター「みらい」
        0263‐81‐3111
開場:18:30 開演:19:00
入場無料 (要予約 先着160名)

ご予約は
bnatyammio☆yahoo.co.jpまで(☆を@にかえてください)
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-24 21:44 | インド舞踊公演情報 | Trackback
SOUTHERN SPICEがお送りするフリーマーケットのお知らせ

日:8月28日(土)
時:12時から18時(最終入場17時30分)
場所:SOUTHERN SPICE(西荻窪徒歩7分)

お申し込みはSOUTHERN SPICEの講座お申し込みのフォームから
どうぞ


インド菜食料理、お飲み物、サザンスパイス特製ガラム・マサラ
その他、雑貨、衣料、・・・・などいろいろ取り揃えてお待ちいたしております


c0137328_1011791.jpg

当日はこちらの方←とか
こちらの方
もお店を開かれます

参加者一同、皆様のお越しをお待ち申し上げております
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-23 10:07 | Trackback
ODISSIアーティストのAnita Babuさんの
ディサイプルの方のパフォーマンス@ニューデリーのお知らせ

以下、いただいたメールを貼りますのでご興味の方はご一読を

c0137328_2115348.jpg


Respected Gurus and dear Friends, Well wishers and dance lovers,

Odissi Natya Sala invites you to an evening of Odissi dance titled "ARPAN" on Friday, 27th August, 2010 at Triveni Kala Sangam, New Delhi . The dancers are 2 of my senior students Barkha Tanvir and Medha Batta.

Please find attached the invite for the same. Your presence will be a source of encouragement for the young talents.Please do grace the occasion.

Regards

ANITA BABU
Odissi Dansuese
Founder - Odissi Natya Sala
www.odissinatyasala.com
email : anita_babu1@yahoo.co.in
tel: +91-11-22752716
mobile: +91-9810048119
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-20 21:04 | インド舞踊公演情報 | Trackback
お洒落なインドを感じよう!!ということでこれは超おススメイヴェント!!

カッコいいインドのスライドギターの公演のお知らせ

以下、主催のプレスリリースより抜粋してお届けいたします


c0137328_9165176.jpg


Debashish Bhattacharya
1984年インド大統領文化賞・2005年「アジアチック・ソサエティー」の金メダル、2007年英国放送BBCワールドミュージック賞を受賞、2009年グラミー賞・同年英国BBCベスト・アーティストにノミネート。また2008年より、キューピーマヨネーズのCMに起用されている。


「深く伝統を感じさせる音楽でありながら楽器と演奏法で現代を強く感じさせる」
(英国Daily Telegraph)


「1000年を超える古い伝統を聴かせるのはその新しい楽器でしょうか?むしろデバシシュ・バタチャルヤの冒険魂と思われる」(米国Seattle Weekly Music)


「古いインド音楽の世界に入り込みながら、現代に向いた最高級のギター演奏を聴くチャンスである」(英国Songlines)



デバシシュ・バタチャルヤ(Debashish Bhattacharya)初来日公演


インド古典音楽の新たなる巨匠 衝撃の超絶技巧インディアンスライドギター

タブラ(弟)×タンプーラ(妻)とのトリオで魅せる目からウロコの初来日公演。
東京公演は、インド音楽をベースにユニークな世界観を即興演奏するサイコババとの

インプロビゼーション・セッションと単独公演の2本立て。



《メンバー》

Debashish Bhattacharya

Subhasis Bhattacharya

Tripti Bhattacharya



2010.08.15(sun) Asahi Cafe Night

浅草 アサヒ・アートスクエア  16:30開場 17:30開演  前売4,500円 / 当日5,000円(全席自由)

web予約 http://p3.org/ass/

問合せ P3 art and environment 03.3353.6866  ◆6月1日予約受付開始◆

【主催】アサヒ・カフェナイト実行委員会 【制作】P3 art and environment/堀内 求 【協力】駐日インド大使館/オフィス・サンビーニャ

【制作協力】SUKIYAKI MEETS THE WORLD実行委員会 【特別協賛】アサヒビール株式会社 【提携】すみだ川アートプロジェクト





2010.08.24(tue)  単独公演 

座・高円寺2 18:30開場 19:00開演  5,000円(全席指定)

ticket チケットぴあ 0570.02.9999 [Pコード 109-730]
ローソンチケット 0570.08.4003 [Lコード 78585
  e+(イープラス) http://eplus.jp (PC/携帯共通)

info DISK GARAGE 03.5436.9600(weekday 12:00-19:00) 
◆6月12日一般発売開始◆


【主催・制作】堀内求 【協力】駐日インド大使館/オフィス・サンビーニャ 

【制作協力】SUKIYAKI MEETS THE WORLD実行委員会/DISK GARAGE



8/20-22, SUKIYAKI MEETS THE WORLD(富山県南砺市 円形劇場ヘリオス)に出演!◆

インド古典音楽の新たなる巨匠デバシシュ・バタチャルヤ。自ら改造・開発した3本のスライドギターセットを超絶的に操り、シタールを思わせる音色の洪水で現代インド古典音楽をバンバンと繰り出す。1本目のギターは「チャツランギ」、音色の太い24本弦。2本目は「ガンダルヴィ」、スライドプレイに最適の長いネックを持つ14本弦。3本目は「アナンディ」で4本弦のウクレレ・タイプのスライドギター。3本ともインドの伝統楽器に西洋のギターの特徴を取り入れ、サウンド・演奏・ヴィジュアルとも目からウロコ間違いナシ。



タブラ演奏者の弟・スバシッスとタンプーラ演奏者の妹・トリプティを率い、伝統のエッセンスを取り入れた高度なオリジナルパフォーマンスで圧倒する。兄弟妹ゆえの強み、本能でのコンタクトで上昇していく演奏力は世界で高く熱く評価を得ている。



本人名義の日本でのコンサートは今回が初。08.15アサヒ・カフェナイトはサイコババとのスペシャルセッション、08.24(座・高円寺2)は単独公演となる。

[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-20 09:20 | インド音楽 | Trackback
本日、午後7時より九段のインド大使館ホールにて
インド・マニプールの舞踊太鼓の公演があります


私もインドで拝見しましたが
大きい太鼓を抱えた男性達が輪になって
空中でターンをする様が印象的でした



INDIAN DRUM - DANCE

PUNG-CHOLOM and DHOL-DHOLOK CHOLOM


Date : 20 August 2010 (Friday)

Time : 1900 hrs (Door opens at 1830 hrs)

Venue : ICC Auditorium

Embassy of India, Tokyo

Admission : FREE



インド舞踊太鼓

『プング・チョーラムとドール・ドーラック・チョーラム』公演


日程: 2010年8月20日(金)

時間: 19:00 開演 (18:30 開場)

場所: インド大使館内(東京都千代田区九段南2-2-11) ICC講堂

入場無料



詳細はインディア・カルチュアル・センター(ICC)まで:
Tel:03-3262-2882
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-08-20 03:11 | インド舞踊公演情報 | Trackback