<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

サンギータ

今日は左に行ってアルナーチャラ(シヴァ神、そのものといわれる山)のインナーサークルの方を回ってみよう

c0137328_18595629.jpg


いつも、みている風景とは少し違うのだな やはり

c0137328_1925177.jpg


で、気分良く友と有意義なそれなりの話題などをつまみに歩いていたら
(本当はギリバーラムの時は、私語は慎むべきらしい)

c0137328_19571523.jpg


道に迷ってしまった

で迷ったので、仕方なくアウターサークルに出てみたら、少々わけありのこの女性(通称 サンギータ)に出会った

そのホソイ道をまーっすぐ行って階段を上ったところにあるカンナッパ(シヴァ神のデヴォーティー 職業はハンター)を祭るコイル(テンプル)のお掃除をしているらしい

彼女に誘われるまま3人でコイルへむかう

c0137328_1911940.jpg


カンナッパコイルから見つめる夕昏

もうすぐ陽が沈む

c0137328_1916169.jpg


続く・・・・・・・・
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2009-03-31 19:24 | インド聖地・神様 | Trackback

アルナーチャラ

アルナーチャラの頂上

c0137328_8415031.jpg

この犬も途中からずっと一緒に登ってきてくれた

c0137328_8444630.jpg

彼の名はアグニ

c0137328_8454322.jpg

居合わせた8人ほどでシヴァ神に礼拝した

オーム ナマ シヴァーヤ
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2009-03-30 08:56 | インド聖地・神様 | Trackback

AGNI

アルナーチャラの頂上のすぐ下にあるテント

c0137328_19504773.jpg


一年前に訪れた時と何か感じが違う ピーンとした感じ

c0137328_19524634.jpg


そこで出会ったヨガ行者のアグニからチャーイをいただきました

みおちゃんと私には、アグニのチャンティングがそのチャーイと共に自分の隅々まで染み渡っていくのがわかったよね、あの時

さ、一息ついたら頂上でアールティの儀式ですよ

オーム ナマ シヴァーヤ
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2009-03-27 19:59 | インド聖地・神様 | Trackback

PARVATI DARSHAN

アルナーチャラ(シヴァ神の丘)の頂上からパールヴァティ女神の丘を望む

c0137328_217458.jpg


ちなみにここはKARTIGAI DEEPAMがとり行われる場所

1ヵ月以上経った今もまだ大量のギーの跡が残る

c0137328_2110742.jpg


                           @TIRUVANNAMALAI S-INDIA
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2009-03-26 21:16 | インド聖地・神様 | Trackback

c0137328_19566100.jpg

SIVA DARSHAN(シヴァ ダルシャン)

DARSHANとはサンスクリットで「Vision Of The Divine」(WIKIPEDIAより引用)

これは、インド タミル・ナドゥ州のティルワンナマライという所にある古いコイル(テンプル)からの眺め

このコイルからの、SIVA神そのものである丘、アルナーチャラのDARSHANは、ギリプラダクシナ(丘、もしくは山の周りをまわる行)をする時に忘れてはいけないと誰かが言ってたっけな
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2009-03-23 19:56 | インド聖地・神様 | Trackback

シマナンディニ

SIMHANANDHINI(シマナンディニ)というアイテムがクチプディの中にあるのだけれどもご存知?

これは、インドでも数える位のグルからしか学べないので、ほとんどの人はパフォーマンスしていないものなのだけれども

数年前、シーズンにBVB(通称バーバン)で私の新師匠ウマムラリクリシュナがパフォーマンスしていたのだけれども、あれは、本当に素晴らしかったなぁ


で、今回、1月の終わりからフランスその他で2週間にわたり師匠のソロ公演があり、その公演でこの曲も披露するというので、リハーサルで5回もこのシマナンディにをみることができました

秘伝のシマナンディニ・・・・超ラッキーです

c0137328_17403095.jpg


15分くらい踊った後、クラスの半分くらいのスペースに敷き詰められたコーラム(家の外に神様をお招きする為に描く模様)の粉の上で曲にあわせて足を動かしながら、一筆書きに似た要領で獅子を描いていく

この曲の中にすべてのターラ(リズムカウント)とそしてすべてのラーガ(インド音楽の旋律の種類)の名前が入っているらしい

もともとテンプルダンスから発祥し伝授されたこのシマナンディニ


なぜだろう、非常に特別な力を感じる踊り

c0137328_17393145.jpg



この踊りについては、そのうちクチプディダンサーとしての私のサイトにアップします
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2009-03-22 17:42 | インド舞踊 | Trackback

ただいま!

昨晩、帰国しました

レコーディングのタメ、1ヵ月遅れのご帰還

しかも、最後の最後に、マレーシア航空が2回もフライトをキャンセル・・・・


ま、しかし、そんな事も気にならないくらい
今年は、近年まれに見る実り多き渡印とあいなりました

こりゃ、踊らなくちゃバチがあたる

そんな感じ


踊るよ 


あ、で、渡印中の溜まっているインドのお話は写真と共に公開する予定

お楽しみに
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2009-03-19 11:16 | Trackback