<   2008年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

アディヤールのニャー

c0137328_72031100.jpg


インドの猫は、大抵みんなやせっぽち~♪

このニャーはアディヤール(南インドチェンナイ)のアーヴィンミルクスタンドあたりに住み着いているお方

交差点の真ん中に陸の孤島のようにあるこのミルクスタンドに、よくシェークを飲む為に足を運んだものだった

インドはちょっとノドが乾いたからといって、そこここに自販機やコンビニなどはありませんからね

で、ここに行くと、このお方が「ニャーおなかへった~」と何かをねだってくるのですが、街のチャイ屋(お茶屋)でないから、ビスケットが置いてあるわけでもなし・・・・(ちなみに、街のチャイ屋では、チャイを飲みながら、足元のわんこ達にビスケットを振舞う男の人達をよく見ます)

このスタンドにも、なんとかサンドみたいなものも置いてあるのですが、たぶん美味しくないだろうし、それに結構高いし(シェークでさえも30ルピー※日本円で90円くらいする)それに、なんというか・・・・ちょっとばかり汚そうなのですもの・・・・

だからこのニャーには、なでなでするだけで、何にもあげることができなかったわけ

ちなみに、このお方、実物は写真よりぜんぜん可愛かったと思います
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-31 07:49 | | Trackback

c0137328_19441441.jpg


本日付でクチプディダンスクラスのページ改訂いたしました。

新クラスフィーについては、2008年6月1日以降、新規にクラスジョインのお申し込みをされる方より適用いたします。

「Keiko's school of kuchipudi」は、現在、原則、個人クラスとして運営しておりますが、6月以降、スケジュールの都合により、少人数でのグループクラスでお取りする場合もございます。

その場合は、事前にグループクラスについて、生徒さんにお伺いいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

その他、生徒さんがセットアップされた場所での(出張)レッスンのご依頼は、3名様以上のグループよりお承りいたしております。

また、クチプディクラスをお探しの方には60分の体験クラス(有料 予約制)もご用意いたしております。

コアの感覚を大切にして、大地を踏みしめる・・・・・・・
インド舞踊にふれる事で、今まで気付かなかった何かをきっと感じていただける事と思います。

クチプディについてご興味の方は、私のHPまでどうぞ


c0137328_12474890.jpg

[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-30 08:49 | インド舞踊クラス | Trackback

自分で動け!

誰しも一つや二つはコンプレックスを持っていると思う

だれが言ったか不明だが

『正しいコンプレックスは、その人の成長の糧になる

一方、誤ったコンプレックスは、どう足掻いても到達できないと思える人に対しての嫉妬へ繋がる』


「アーティストは絶対嫉妬しちゃいけないんだ」と自称ボーンアーティストのインド人は、よく独り言のように言っていた


凄い人は、自分の頭と魂を使って動いている

できない人間にかぎって、ごちゃごちゃ他人の事を言いたがる


そんな暇があるのなら、同じ事をしてみるといい


その凄い人は、
はじめから、全然違うところを見ている
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-30 07:26 | マイ スピリット | Trackback

今日は、インドのレジ袋のエコリサイクルのお話ーNikkei BPnetより

共感できるもの作りの思考的背景だけでなく、作品自体が、なかなかおしゃれだというところが素晴らしい

そうでないと、世界の人は、購買意欲がわきませんからね

あのインドで見かける「ラグピッカー」の方たちの手により、ゴミ箱から集めたプラスチックのカバーが、どの様に活用されるのか実際に見てみたいところだったのですが、こんなかっこいいものにも変身していたのですね

インドのラグピッカーやリサイクルについてお知りになりたい方には、
TARA PUBLISHINGという出版社から出ている「TRASH!」という素晴らしい本もありますよ

c0137328_7395479.jpg

[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-25 07:54 | インディアンライフ | Trackback

LAYA PROJECT

c0137328_20481564.jpg


今日は、2枚組CD「LAYA PROJECT」のご紹介(DVD入りのも発売されています)

このLAYA PROJECTのミュージシャンは、2004年のTSUNAMI被害にあった沿岸とその周りの地域(Sri Lanka Thailand Indonesia Maldives Myanmar India)の無名の人達で形成されています

収録されている音楽は、その土地のフォークミュージックをアレンジしたものです

そういえば、このCDをインドでかけていたら、一緒に聴いていたインドの人が「わー、なんでこんな曲が入っているの?」と驚いていました

子供の頃に、道端で、その歌を歌いながら、遊んだそうです


Six shores sharing one ocean, one sky, and one language of survival and music


このプロジェクトの精神性はもとより、音楽もとても心地よいです

自然の中で、自然の一部として生きる人間のテンポ(LAYA)を感じます


中に収録されている曲のひとつ(ミャンマー)をひいてきましたので、ご興味の方は、こちらをどうぞ




このCDを購入すると、自動的にTSUNAMIの被害にあった土地の方達への支援になるそうです
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-23 20:51 | インド音楽 | Trackback

吉祥寺のお店

今日は、吉祥寺で「そぼくや」という素敵なお店を開いているお友達のところに、ちわーと遊びに行った

お店の扉を開けたら「あ、昨日、ちょうどけいこさんの事、考えていたのよ」と言われた

でしょ、わたしも、考えていたもの

以心伝心だね♪

で、ずうずうしくも、店の奥のアトリエ(あみ物をなさっている)にあがりこんで、自分の近況を大笑いしながら、話したりしてみた

彼女からは、オンギという韓国の壷が、庭にたくさんおいてある山梨のギャラリーの展示会のお話とかを聞いた

で、いろいろと想像してみた

ところで、彼女は、とても素敵な服を作るんだよ~

わたしは、今日は、何とか大臣のいとこかなんか・・・・ま、そんな事、どーでもいいんだけど、その誰かさんのかっこいい器を買った

そして、夜には、さっそく、ダンナの手により、トンソクが盛られた

自分の専門でない分野の素敵な人と交流すると、へーの、ほーで、勉強にもなるし、何かと楽しいのだ

そういうもんでしょ?

※そぼくや 武蔵野市吉祥寺東町1-11-8 水 日定休
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-20 23:00 | Trackback

c0137328_840717.jpg


神を象徴する音節 Mantra(マントラ)と神への賛歌 Bhajan(バジャン)がちりばめられたNINA HAGEN(ニナ ハーゲン ※ドイツパンクの女王)のこのCDは
神 自然 人間、そしてすべての生きとし生けるものに捧げられたもの

もう、随分長い事、ヒンドゥイズムに傾倒しているニナ ハーゲンの確かな息遣いを感じる

ちなみに、このCDの売り上げの50パーセントは小児病院に寄付されるらしい
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-20 08:44 | インド音楽 | Trackback

インド人の電話依存

c0137328_2323433.jpg


これは、私がインド国内で使用している携帯

NOKIAの一番安いのを買ったのだけれど

ものすごく、ダサい

けれど、とりあえず、携帯がないとインドでは、師匠とも連絡が取れないので、必需品なのだ

私の場合、これとは別に、日本とのコンタクト用に、ソフトバンクのローミングをインドに持って行っている

ちなみに私の周りのインド人は、子供から、お爺さんお婆さんまで、100パーセント携帯を持っている

まぁ、日本人が使っているのと比べると、格段に格好悪い機種だけれどもね


で、知ってます?

インド人の電話への依存は、かなりのもの

本当に用があろうが、なかろうが、一日中電話で喋っている


そういえば、むかし、私のところに、ラジニカーントの映画の出演の話が来たことがある

そうしたら、その日のうちに、インド中の知らない人から、師匠のところにケイコを出せとバンバン電話がかかってきた

どうやって、その事を知ったのか、だいたい何の為に、知らない外人に電話をかけるのか

まぁ、要するにただ喋りたいだけなのだろうけれども

面識があろうがなかろうが、本当にすぐ意味もなく電話する


インドでインド人と暮らしたことのある人だったら、皆さんわかることだろうけど

インド人は、大抵、まちがいなく、電話依存症だ

うんざりするぐらい・・・・・・・・・
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-18 23:24 | インディアンライフ | Trackback

Mahabalipuram Sangam

c0137328_8145654.jpg


南インド マハバリプラムの海岸に生えたほんの少しの草に集まる牛達

なぜかは知らないが、

インドでは、人間を筆頭として、すべての生き物が

集う事を好む傾向にある

※写真を拡大してみると、上部で、人間が集っているところが見られます
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-18 08:17 | インディアンライフ | Trackback

気象コントロール

昨日の明け方に観たTVのニュースで、ロシアは大事な祝日に、気象コントロールをするという映像を見た

前から、色々な国のこうした噂を小耳に挟んではいたのだが、こうしてはっきり映像でみたのは、ロシアが初めてだ

天候のコントロールの為には、空軍が出動していた

雲の色々な状態に応じて、上空で何か散布するらしい

ダンボールに入った石灰とか

弾薬のようなものに入った液体窒素(だっけかな?)とか

石灰をまいた時は、晴れはするけれども、下界は、そのせいで埃っぽいとも、レポートしていた・・・・・・

気象コントロールって、雨の降らない地域に、雨を降らせる為だけに、使っているのかと思っていた

なんだか、とても、ロシアらしいなとも思った


ちなみに、わたしは、ロシアはトランジット(アフリカ行きの)でしか、滞在した事がない

印象は、ただひたすら、悪かった

トランジットで泊まらされたホテルは、それはもう暗くて、かび臭くて、赤錆だらけの汚いバスタブには、同じフロアーにいた他の白人達がほとんど全員廊下に出てきて、抗議していたっけ

食事は、ずっと待たされたあげく、湿ったやはりかび臭いパンを、皿にボンッと投げつけられたしね

怒鳴りそうになるのをグッと我慢しながら、「じゃ、ビールください」

ビールくらいは、大丈夫だろう、そんな期待を胸に、クソ寒いホールで頼んだそのビールは、納豆の味がした

腐っていたのかどうかは、知らない

・・・・もう、ロシアはだめだな、こんな国、一生来ないからね!

納豆ビールを片手に、そう、心に固く誓った事はいまでも忘れない


しばらくすると、仏頂面で、お給仕していたウエイターが、先ほどまでとは打って変わって、ニコニコと、そして、なぜか、いそいそと近づいてきた

・・・・・・?・・・・・・・・・

そして、わたしの凄く近くに、ホスト座りをすると、コショコショ声で
「物凄い、上物がありますよ、如何ですか?」と声をかけてきた

・・・・・・?・・・・・・・・・・

彼が、制服のポケットから取り出したのは、瓶詰めのキャビアだった

こうやって、この人は、旅行者から、金を儲けているんだな

あーあっ、もう、とどめに、呆れてものが言えなかった


・・・・・・・・・・・これが、わたしのロシアの印象

どうかしら?
日本で大事な国民の祝日とやらの為に、空軍機が出動して、雲のうえーのほうから、石灰がんがん撒かれたら?

ちなみに、取材されていた大事なロシアの休日というのは「戦勝記念日」だった
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-17 07:03 | Trackback