<   2008年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

HAPPY DANCE DAY!!

ずーっと、昔にCID(International Dance Council ※CID was founded in 1973 within the UNESCO headquarters in Paris, where it is based )からメールが来ていたのですが、日本に居なかったので、すっかり忘れていました。。。。。。。

広く皆さんにまわして下さいと送ってくださった英文を訳して、分かり易くいたしますと。。。。


明日4月29日はDANCE DAYです。
この日は、1982年から、世界各地で、ダンサーやまた、ダンス愛好者のコミュニティの主催する色々なイヴェントなどを通じて、祝われています。

私達は、さまざまなダンスの普及の為に、世界中のダンサーやダンスカンパニーやスクールが、何らかの行事(公演やワークショップ・・・・etc)をこの日にしてくださることをお願いしています。

ダンスデイのイヴェント開催の趣旨は、広く公に、ダンスという芸術に親しんでもらう事にあります。

4月29日は、世界中で、特に今まで、ダンスに触れた事のない方たちに、ダンスに親しんでいただけるようにしていただければと、思っています。

その為に、入場料はタダで、イヴェントの開催場所は、今まで行ったことのないような場所、たとえば、店であるとか工場であるとか、道であるとか、公園であるとか、その様な場所で行う事も考えてください。

あなたのダンスデイのイヴェント開催の努力は、世界中のダンサーファミリーへ捧げられるものです。

ということでした。。。。。

このメールを見たときにCHENNAI SANGAMAMというイベントを即座に思い出しました。

ディッセンバーシーズンという(南インドチェンナイで毎年12月から1月中旬くらいまで開催されるインド最大の舞踊音楽の祭典)が終わって間もない1月の中旬から2週間くらい、チェンナイ市内では、色々な公園などで、フリーの音楽や舞踊の公演が一流アーティストたちによって開催されているのです。

このイヴェントでは、普段は、カッチェリ(コンサートのこと)にわざわざ来るような事のない方たちが、ただで、しかも家の近くの公園で観れるということで、ぞくぞくと押しかけて、本当に楽しそうに音楽や舞踊に親しんでいらっしゃるのを目の当たりにしました。

これは、ガヴァメントがやっていた粋な企画なのですが、そうですね、DANCE DAYのように、1人1人のアーティストが、ダンスというアートの為に、愛をもって活動する日があってもよいですね。

もう、今年は遅いですけれども、どうしましょう。。。。。そうですね。。。。。。。。。

もし、このブログをご覧になって、29日の昼の12時までにメールでご予約いただいた方に限り、新宿から20分くらいの場所で29日の3時からクチプディのステップをお教えいたします。もちろん、DANCE DAYの趣旨にのっとって、ただでお教えいたしますので、お時間がおありになる方は、私のHPのコンタクトの欄からメールをください。

それでは、皆様、よいDANCE DAYを!
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-04-28 23:56 | インド舞踊 | Trackback
踊りは、頭の中でも、踊ったりするんです

頭の中で、踊れない踊りは、実際には、踊れない

それと、同じように、頭の中でも、料理するんです

頭の中で料理できないのなら、やはり実際に上手くつくれないし

また、なんとか作れたとしても

頭の中で味が作れない料理は、どちらかというと、食べたりしない方が無難な料理なんです

これは、大体の場合あっています

でも、何事も、例外ってものがあるのですね

詳しくは、この方の日記をどうぞ
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-04-25 07:17 | Trackback

インドへの扉

マンゴーが美味しいよ、アルフォンソがね

とインドにいる友達からメールが来た

ところで、知ってる?

わたしは、世界のドコにいても、一瞬でインドにとぶ事が出来るのだよ

そんなわけで

次の瞬間には

あっという間に、銀色のプレートの上の、あまりよく切れないナイフで皮をむいた、最高に熟れたアルフォンソを平らげていた

c0137328_7432574.jpg


お早う。これが今年のインドの扉
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-04-24 08:05 | インディアンライフ | Trackback

インドのニュース

インド系のニュースから。

着眼点は、偉かった犬の事ではなく、最後の一文。

『インドでは稼ぎ手となる男児誕生を望む傾向が強いため、国連の推計によると、1日当たり2000件前後の女の胎児の中絶が違法に行われている。』

・・・インドでは

いまだ、結婚する時に、女の人側から男の人側に、たくさんの金品を渡すという悪習が現存しています。

それが証拠に、女の子を3人授かると、その親は破産するという諺があるくらいなのですから。

つまり、女の子を育てるという事は、親にとって金が入らないだけではなく
金が余計にかかるということなんですよね。

だから、生まれてきた子供が、男か女かというのは、経済的に貧窮している人にとっては、死活問題にも関わってくることなのです。

しかも、これ、ビハール州(インドの中でも経済的に貧しい州)の事件なのですよね・・・・・・・・・

前にもブログに書いた事がありますが、インドは、やはりどう考えても、完全なる男社会なので
何かと男に生まれた方が、都合がいい様に出来ています。

これは、外国人の私でさえ、インドにいると、事あるごとにひしひしと感じます。

そのことについて、熟考しようとすると、インドという国自体の根本的問題点に突き当たって、どうしようもない感にさいなまれてしまうのですが。

だから、このニュースを一概に、なんてひどい親なんだとか、中絶がどうのこうのとか、はーっ、あんな国に生まれないでよかったよ、なんて事ですましてはいけないのと思うのです。
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-04-23 12:38 | インディアンライフ | Trackback

ある映画を観て

夜中に録画してあった日本の映画を観た

その映画ははずかしくなるくらい、そして、

すこしばかり期待などしていた私には、まったく怒りを覚えるくらいのひどい出来だった

誰におだてられて監督なんかしたのだ?



これを本気でカンヌに持っていったのか?

おっそろしいな

ほんとうに
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-04-22 07:30 | Trackback
ハーイ、皆様、お元気?

この間の日記で、この様に、わたくし、申し上げたのです

覚えていますか?

今日、その疑わしき船便が、我が家に着きました

c0137328_15322756.jpg


どう、お思い?

明らかに変でしょ

これ、郵便屋さんが、こうして運んで来てくれたのです

中に入っていたのは、インド雑貨屋さん的、若者向けお土産のネックレス数本とごみの束

荷物、こんな、小さくなっちゃってね

これは、インド版わらしべ長者ごっこなのだろうか?(まー、すっかり損しちゃってるのですけれどもね)

わたし、自分で、チェンナイのマウントロードのポストオフィスに行って、梱包するところも、ちゃんと立ち会って、自分で発送したのですけれども・・・・・・

今まで、船便も何回も利用したのですが、この様に、悲惨な結果に終わったのは、今回がはじめて

やはり、大事なものは航空便で送るべきなのですね

みなさんも気をつけてくださいねー(といっても、ですけれども)

で、実はこの船便、生徒さんのために、プラクティスサリーを送ったのですが・・・・・・・

・・・・・というわけで、みんな、ほんとうにごめんなさい!!

また、今度、インドから航空便で送ります

そして、怒りたいけれども、怒ったってしようがないので

もう、この事は、踊って忘れる事にします


でも、正直なところは・・・・・・・ガクッ・・・・・・・です
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-04-21 20:28 | インディアンライフ | Trackback

earth day tokyo 2008

c0137328_21404478.jpg


earth day tokyo 2008に行ってきました。

お目当ての山根麻以&Visionsの皆様、エクセレントパフォーマンスでした。

麻以さんがMCで「明日がないって思ってみて。そうしたら人生がガラッと変わるから。本当に必要なものだけが、はっきり見えてくる。」とおっしゃっていたのですが

これって、だれにとっても、当たり前の事なのですが、なかなか気付いている人は少ないこと。

麻以さんのそういうところから、生まれ出てくる音樂は

ハートにしみます。

あー幸せなひとときでした。

どうも、ありがとう!
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-04-19 22:12 | Trackback

08-04-18

c0137328_2344330.jpg


インドには、素敵な絵を描く人が、いるのだ

このカードは、見ればみるほど、可愛すぎるので、誰にもあげない事にした
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-04-18 23:07 | Trackback

豪徳寺

ずっと、お財布の中に一緒にいてくれた豆猫が
今年、インドで行方不明になってしまった。

たかが、招福猫児(まねぎねこ)というなかれ。

実は、この豪徳寺の招福猫児は密かにファンが多いのだ。

なんたって、由緒正しき招福猫児だからね。

で、いなくなって、緩慢な感じに、ずっと気になっていたので

とうとう、豪徳寺に詣でて招福猫児をいただいてきました。

c0137328_2231216.jpg


はーっ、これで、何だか、ひと安心なのだ。
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-04-17 22:09 | | Trackback

08-04-15

東京は晴れ

こんな朝を気持ちよいと思わない人はあんまりいないよね

わたしは、インドでは、いつも、少なくても、これくらいは、気持ちいい

そう、こんな感じ

わかる?

朝、窓開けると、自然ににこにこしてきちゃう感じ

昨日、肉を食べなかったからかな

カラダも心もとっても軽い


何だか、色々なものが、ぜんぜん違って見えるな、今日

とっても、きれい
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-04-15 07:21 | Trackback