http://www5e.biglobe.ne.jp/~kutcheri/インド舞踊家の私のインドと日本での見たり、聞いたり、考えたり

by kuchipudi-keiko

インドのひとごみ

吉祥寺に、用があったので、出かけた

凄い人出だった

しかたがないな GWだから・・・

皆、ぞろぞろ、歩いている

目的地に着くのに、いつもの3,4倍の時間がかかった

どうして、日本の人込みは、こんなに窮屈なのだろう

それに比べて

インドは、どこもかしこも、ひとひとひとなのに

逃げたくなったり、しない

デリーのチャンドニーチョークだって
マドラスのポンディーバザールだって
カルカッタの・・・・・・・

あっ、そうだ、ひとつだけ逃げたくなったところが
ある

それは、
ヒンドゥー教のモースト金持ち神様のおはしますティルパティのバラジーテンプル

オーストラリアのダンサー友達Vちゃんの、車をハイヤーしたから、一緒に行かないかのお誘いに2つ返事で、ティルパティに行く事にしたのです。

皆さん、ご存知かどうかわかりませんが、ティルパティのベンカテシュワラテンプルにたどり着くためには、7つの山を越えていくのですよ。

デボーティーな方々は、徒歩で山を登られたりもするのですが、時間もないし、根性もないわたしには、そんな事、笑っちゃうくらい無理なお話。

それに、知ってます?チェンナイとか他、主要都市から、毎日たくさんのティルパティ行きの、観光バスが出てるのですけれどもね、この日帰りバスも安いけれども結構きついらしいですよ。

インド人がそうおっしゃっていたのですからね。

それに、インド人の観光バスでしょ。。。。しかも、ティルパティ行きの。

みーんな、頭剃っちゃったりするんでしょ。。。。

そーんなバスにジャパニちゃんは、なんだか、とっても、不釣合いなのでーす。


ま、ともかく、幸か不幸か、お誘いもあったことだし、アラメルマンガ(バラジーの奥様)の曲などを踊っているわたくしとしては、バラジーテンプルには、一回は参拝させていただきたかったわけで

でも、いざそのテンプルに着いて、バラジー(ヴィシュヌ神)に参拝しようといたしましたら、4時間位、テンプルの中での幾重にも重なるぎゅうぎゅうの行列に並ぶはめになりました。

でもって、息も絶え絶え、やっとの思いで、
金ぴかのバラジーの前に来たら
今度は朝のラッシュアワーのように
皆が、押し合いへし合い、それはそれは大変な有様。

ゴーヴィンダー!!
神の名を呼ぶその声も、何かもう怒声のようにも
聞こえる。

自称、テンプル大好きのわたくし
でも、さすがに、あれには、フェッドアップしました。

実際、わたしは、バラジーの前までたどり着いたら
お祈りなどする間もなく、一瞬で
ぐちゃぐちゃに横に追いやられてしまったしね。


今度、もしも行く事があったら、ドネーションして、スペシャルエントランスで
参拝します。

皆も是非、そうしてくださいね。

うん、絶対。

あれは半端じゃないですからね。

ほんとに。
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-05-06 07:47 | インディアンライフ | Trackback
トラックバックURL : http://kuchipudi.exblog.jp/tb/8797702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]