http://www5e.biglobe.ne.jp/~kutcheri/インド舞踊家の私のインドと日本での見たり、聞いたり、考えたり

by kuchipudi-keiko

アディヤール橋の下で

暑いチェンナイの昼下がり、オート(3輪タクシー)に乗り、市内のアディヤールという地域にある大きな橋を渡ろうとしていました。


が、どうしたことでしょう。

交通渋滞はいつものことですが、今日は、幾重にも重なった車がちっとも動きません。


5分待っても、10分待っても、そのまんま。。。。


「うーん!!もう、イヤだ!私、あるくから」


とうとう10分過ぎたところで、排気ガスと暑さに我慢ができなくなった私はオートを飛び降りました。


・・・・テクテク・・・・・テクテク・・・・・・・・


暑いよー日陰がないよー


・・・・テクテク・・・・・テクテク・・・・・・・・



そういえば、この大きな橋は、いつもオートでブーンと通り過ぎるだけだったな。

その様に思い、ドゥパタ(パンジャビという民族衣装のショール)を頭からひっかむり、何気に汚いアディヤール川を眺めながら歩きました。



すると、ややっ、こんなところで寛いでいらっしゃる方たちが。。。。


c0137328_8109100.jpg



よーく、みると可愛い子供もいるんですね。




ハーッ、何だか、君たちはのんびりしてるね~



・・・・・そだね、わたしものんびりいこーっ!!



急に暑くなくなった私は、ニコニコしながら橋を渡ったのでした。
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2008-03-13 08:21 | インディアンライフ