インドの爆竹

さ~、そろそろ忙しくなってきましたよ。

どれから手をつけていいか、わかりません。

お願いだから、だれか仕切ってください。

仕様がないのでとりあえず地味にやる事書き出すかにゃ。


ちなみに12月1日のインド公演はいったいどのアイテムをやるのでしょうね~

重要な公演なのですが、やはりお決まりの最後にばたばた方式になりそうです。

なんでこうなっちゃうのかな。うんざりうんざり・・・・

でもそれでも踊っちゃう私は少し偉いですか?

あたりまえだよな。プロだもん。



あ~、でまだ日本で営業が残っているので、渡印はぎりぎりになりそうです。

本当は最悪ディワリー(ヒンドゥー教のフェスティヴァル、今年は11月9日)までには、行けるかなと思っていたのですが・・・・


でもちょうどいいです。

ディワリーの爆竹音、苦手です。

インドは火薬の量とか考えないのでしょうかね?

ディスプレイされたランプの数々が非常に美しいディワリーですが、街中で鳴らされる爆竹のけたたましい事!

うるさいというよりも私は怖いといった感じです。


・・・・・わたくし、あの音を聞きますと昔の思い出が蘇って来るのですよ・・・・・・・


むかしむかし、まだ私がバックパックでインドをうろうろしていた頃、デリーでシーク教徒のお祭りにぶちあたりました。

剣を振り回して踊るその姿に、少なからずも恐怖を覚えていたのですが
とにかく街中、シークの人が道を塞いでドンちゃん騒ぎしていたので
どこかに行こうとするのならば、いやでもその中を通り抜けなければいけない
そんな状況でした。

で、意を決してその一団を通り抜けているさなか、私のちょうど足元で爆竹が破裂しました。

誰かが外人を見つけて投げたのだと思いますけれども、一瞬何が起きたのかわからない状態でした。

何といいますか、音というより爆風といいますか、凄い重圧が自分の左半分にかかった、そんな感じがしました。

次の瞬間「あ~私のどっかちぎれたな」とその様に思いました。

恐るおそる手足を見ましたが、無事でした。

その無事な手を使って自分の顔を触ってみました。

血も出ていなかったし造作は元のままのようでした。

そして、次の瞬間気付きました。

「あ~。耳やられたわ!!」

爆風が来たそちらの方向の左耳がキーンとなってあまり聞こえないのです。

インド人はこんなん使って大丈夫なのでしょうかね?

幸い私の耳はその後1日経ってやっと復活する事ができましたが
それからインドの爆竹は大嫌いになりました。

だから、シーク教だろうがヒンドゥー教だろうが
どかんどかん爆竹鳴らしまくるお祭りなんかはノーサンキューです。
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2007-10-30 07:58 | インディアンライフ | Trackback
トラックバックURL : http://kuchipudi.exblog.jp/tb/7290400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]