http://www5e.biglobe.ne.jp/~kutcheri/インド舞踊家の私のインドと日本での見たり、聞いたり、考えたり

by kuchipudi-keiko

インド舞踊公演情報ーバラタナティヤム

バラタナティヤムアーティストの横田ゆうわさまより公演のお知らせをいただきました

以下、ご一読のこと

c0137328_829890.jpg
c0137328_8293113.jpg


稲穂の刈りいれがはじまり、コスモスの間をそよぐ風が涼やかです。
みなさま、いかがお過ごしですか?
秋も深まりゆくころ、インド舞踊公演のおしらせです♪

約1ヶ月後となりました♪
どうぞ まつもと芸術館においでください。

《インド・祈りの舞 語りとともに Vol.5 ―神に身をゆだねる―》
10月24日(月)19:00開演(18:30開場)
◆ まつもと芸術館・小ホール
◆ 出演 : 横田ゆうわ 宮地雅子
◆ 前売り2500円/ 当日3000円/(学生・障がい者1500円/小学生1000円)
◆ チケット取り扱い
・フィリアプロジェクト(横田)tel/Fax0263-52-1889
・まつもと市民芸術館チケットカウンター/
・安曇野ひつじ屋(穂高駅前 0263-82-3888)/
・ギャラリー&カフェ憩の森(松本市城山 0263-38-7660)/
・たい焼きふるさと(松本ナワテ通り 0263-39-5552)/
・パティスリー.カフェICHiE(塩尻市役所向い0263-53-4640)
・安曇野地球宿(080-5486-6111・増田)

★収益金の一部を、東日本大震災被災者支援(「ボランティア後方支援ネット信州」)
 に当てさせていただきます。


…ひとこと…
 
「いったい私はどう祈ったらいいのだろう」
「それでも歴史はつづいていく」
そのような思いを震災後、ずっとかかえておりました。
インド舞踊は祈りの舞。祈りとしてのこの踊りを、
まさに今、「踊るとき」なのではないかという思いに満ちて、
公演のご案内をさせていただきます。

科学技術が発展し、近代化は人々の生活を良くしたけれど、
物質主義が人の感情や感受性、精神性を破壊し、自然をも破壊した。
人間の欲の追求の果てに人災を起こし、また、
私たちははかり知れない自然の猛威を目の当たりにした。

すべてを「はかり」、そこに基準を据えて、価値を見出し発展し続けてきた近現代の歴史。
けれどこの世には「はかり知れない力」があるということを思い知らされる。
それこそが目にはみえない大いなる力。
いま、すべての「はかり」を捨て、身をゆだねてみたい…。大いなるものに。
その行為こそが「祈る」ことなのだと思う。
   古代から受け継がれてきたものが祈り。インドの人たちの通底音。
   古に心をつなげてみよう…。きっとそこから「みらい」がみえてくる。

そんなことを大学時代からの親友である女優の宮地雅子に話したら、
「ゆうわ、そうだよ。私も祈ってみたい! 私にも何かできるなら!」と、
語り役を快諾してくれた。
彼女は演劇の領域で「祈り」を表現してくれる。私は「祈り」を踊りで表現する。
芝居仕立てで舞台はすすむ。
あなたも、《祈りの旅》をともにしませんか。

どんな悲しみ、苦しみ、困難のなかにあっても、
心から祈ることが出来るなら、人の生には希望がある、
そう、私は信じているのです。

収益金の一部を、私が関っている「ボランティア後方支援ネット信州」に寄付いたします。
支援のカタチはいろいろある。それでよいのだと思います。
祈りのカタチもいろいろある。それでよいのだと思います。
皆様のお越しを心から、心からお待ちしています♪

季節の変わり目、どうぞお体には充分お気を付けくださいますように。
  ~シャンティ~   
        2011・9・26  横田ゆうわ


お問い合わせ.ご連絡先は
yuwayokota★yahoo.co.jp(★を@にかえてください) までお気軽にどうぞ!

ブログのほうも是非、訪ねてみてください♪


ありがとうございました。
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2011-09-27 08:34 | インド舞踊公演情報 | Trackback
トラックバックURL : http://kuchipudi.exblog.jp/tb/16902799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]