http://www5e.biglobe.ne.jp/~kutcheri/インド舞踊家の私のインドと日本での見たり、聞いたり、考えたり

by kuchipudi-keiko

生徒さんの言葉でワシも考えた

この間、生徒さんが

「わたしはクリシュナとラーダが踊っているところが好きなのです」

「なんという麗しい舞でしょう!!」

「私もあんな風に踊りたいのです」

「でも、私にはいつも踊っている時に『わたし』が踊っているという観念があるのです」

「だから、私はフリーリーにうまく踊れないでいるのです、このように」

といいました



いつも考えている事だけれども

『踊る』とはそういう『エゴを確認し、見つめ、削っていく』という作業なのだと思う



かくゆう私も

「あんな風に踊りたいのです」という神の舞のビジョンがあるのですが

日々『特大サイズのわたし』という幻影と格闘中といった感じかな~
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2010-05-21 09:23 | マイ スピリット