http://www5e.biglobe.ne.jp/~kutcheri/インド舞踊家の私のインドと日本での見たり、聞いたり、考えたり

by kuchipudi-keiko

インフィニティダンスシアター「はるかなるインド~舞五彩~」御礼

リスぺクタブルアーティスト ダヤ・トミコ先生の企画 インフィニティーダンスシアター 「はるかなるインド~舞五彩~」大盛況のうちに幕を閉じました

公演の前日に京都入りして、正倉院のような風格のダヤ先生のダンススタジオに足を踏み入れました

初タンマイナティヤアラヤ(※ダヤ・トミコ先生主宰のバラタナーティヤムダンススクール)!!

ちょうどダヤ先生の生徒さん方(生徒さんといっても、皆さんキャリアは10年以上のシニアーディサイプルの方達)のキュートな踊りと微笑みでお迎えしていただきました

そしてダヤ先生の「ようこそ」の声と共の抱擁のお迎え



数年前のチェンナイで偶然を装った必然のインド法則でダヤ先生とのご縁をいただき、その後、まるで何かにあとを押されるような形で「ジャスミンの夜(※私主催の毎年恒例インド舞踊公演)」に初ご出演いただくこととなったのですが

その舞台の最後のMCでダヤ先生が突然スルスルとおっしゃった西での公演の構想

そのアイデアが今回の「インフィニティー」の舞台へと昇華していったのです


公演の最後の部分で出演アーティストの全員でつくりあげる マタ パラシャクティ(※崇高なる女神たち、母性を讃えるバラタナーティヤムの曲目)のパンチャ ブ―タム(※地水火風空・宇宙を構成する五大元素)~マンガラム(※吉祥なる感謝のフィナーレのアイテム)の続きはたぶん先生がうーん、うーんという形で考えられたことではなく、スーといった感じで、大いなるものからさし示された道なのだと私は確信しています


バラタナーティヤムの地、モヒニアッタムの水、カタックの風、クチプディの火、オリッシィの空で捧げる感謝


インド舞踊は祈りの舞です


当日、公演で配られたパンフレットにも載せられてありますが、公演の最初の部分で語られた生命賛歌をおぼえていらっしゃいますか?

。。。そう。。。。それが、すべてです



生命賛歌の無限のループは輝きをましつつクルクル回っています



アートというものはボーダレスではありませんか?

ボーダレスとは
外人の私達がインドの踊りを踊る。。。。だから。。。。という
単に国境を超越するという意味ではありません

人種を超え、宗教を超え、時を超え、

神より授かったこの芸術



・・・・芸術は愛です

それは、無条件に魂に浸透します

それはすべてのものを乗り越える可能性を謳います


わたしたちが踊りのグル(師匠)からお教えいただいた様々な智慧は
まるで家系線のように
そのまたグルから代々受け継がれてきたものです。

そしてその受け継がれてきたDNAは
偉大なる何千、何万ものグルを通して
最後には大いなるものへとかえりつくことを
囁き続けます




主催のダヤ先生をはじめ、本当に様々な形で
初インフィニティーのハートをお支えくださった
すべての方々に

そして私もまだまだ未熟ながら
インフィニティーサークルにかかわらせていただけた
ご縁に心から感謝いたします

ありがとうございました



   
                インフィニティーダンスシアター 第一回公演を終えた朝に
                愛を込めて

P.S 特別にインフィニティ公演のパンフレット、いつもジャスミンにお越しくださる方で
今回、残念ながらお越しいただけなかった方(先着3名様)に
お送りいたします(25日までにいつもの私のアドレスまでお申し込みください)








                      






 
[PR]
by kuchipudi-keiko | 2009-11-23 09:42 | インド舞踊 | Trackback
トラックバックURL : http://kuchipudi.exblog.jp/tb/13038769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]